大阪ホテヘル

「ホテヘル」とは

そもそも「ホテヘル」ってなに?
呪文「ホテヘル」を唱えたら次のステージに進めるの?
風俗初心者なら疑問に思う方も多いでしょう。
では「ホテヘル」とは?

まず「ホテヘル」とは何か?

勘のいい方ならおわかりかもしれませんが「ホテルヘルス」の略語なのです。
なんとなくわかってきましたね。
無店舗型風俗店の業種のひとつとなります。
固定の店舗ではなく「ホテル」でサービスを受ける形式になります。
店舗型の「ファッションヘルス」に準じた性的なサービスを提供しています。
原則的にキスやペッティングで客の男性を射精に導き本番行為(性交)は行われません。

「ホテル」はわかるけど「ヘルス」とは??「健康」?それから「ファッション」って?
「ヘルス」は性感マッサージのことを「ヘルスマッサージ」と表現したことから言いやすさから「マッサージ」ではなく「ヘルス」の言葉が独り歩きしてしまったようです。
「ファッション」はコンパニオンのちょっぴりセクシーな衣装から連想したのでしょう。

ではなぜ無店舗型の「ホテヘル」が誕生したのでしょう。
同じ無店舗型の「デリヘル=デリバリーヘルス」とどこが違うのか?

大阪府では法規制強化により、違法営業を行なっていた店舗型「ファッションヘルス」(以後、店舗型ヘルス)を一斉摘発し「店舗型ヘルス」は壊滅状態に陥りました。
「店舗型ヘルス」を運営していた業者は摘発されにくい「ホテル」へ女性コンパニオンを派遣しヘルスサービスを行ったのです。
「ホテヘル」は大阪で生まれたサービス形態といえます。
現在では東京をはじめ全国に広まっています。

では「ホテヘル」で実際サービスを受けるにはどうしたらいいのでしょう?
「ホテヘル」は風営法の規制により店頭に看板を出すことができないのでお店を知るにはスポーツ新聞や雑誌等、そして風俗情報サイトで事前に調べる必要があります。
一般的な流れとしては店舗(というか受付け)で好みの女性を決め指定の料金を支払ます。
店舗といっても受付けだけですので大多数が雑居ビルやマンションの一室を利用しています。
指名した女性コンパニオンが店舗に到着したら一緒に指定されたホテルへ向かいます。
店舗によっては後から女性コンパニオンがホテルの部屋に向かう場合もあります。
部屋に入室し時間内に性的サービスを行い終了後は一緒にホテルを出て解散が一般的な流れです。

この店舗(受付け)があるかないかが「デリヘル」との一番の違いです。
「デリヘル」は電話やネットでの受付けのみで24時間営業が認められていますが「ホテヘル」は改正風営法適用後、受付けを店舗とみなされ店舗型と同様深夜24時までの営業となっています。
そのため24時以降は「デリヘル」として営業している店舗も多数あります。

街中では直接、目に触れることが少ない「ホテヘル」ですが様々なサービスや特色を持ったお店が無数にあります。
「ホテヘル」のメッカ、大阪から様々なお店の紹介や有益な情報をお伝えしていきます。